Nutrition Laboが目指すもの

大学院卒業後6年間、病院で薬で不調を抑えながら生活している人を栄養でサポートさせてもらいました。

・薬の副作用がしんどい
・担当の医師とうまくコミュニケーションが取れない
・病気のことを理解してもらえない

様々な体の不調を抱えながら努力し、懸命に病気を克服しようと頑張る患者さんに、何かしてあげたくて栄養のアドバイスをしてきました。

しかし

・食事療法を続けてもなかなか効果を実感できない
・心が落ち着かない
・不安で眠れない
・だるくてやる気がおきない
・うつ病と診断され、クリニックに通っているが、一向によくならない
・病気と診断されて薬を服用しているが、症状は全く変わらない

残念ながらそんな毎日を送っている方がたいへん多くいらっしゃいます。

私自身、病院勤務時代はこれらの不定愁訴を栄養で根本的に改善することができない現実に直面していました。

「何か支えになることをご提案したい」

その想いを成就するために、最新の医学専門書や論文を読み続け、土日は医療従事者向けの研修会に毎週通い、私生活のほとんどの時間を使い、なぜ病気や体の不調が良くならないのかを探究し続けました。

そんな時、偶然分子栄養学と出会い、そしてたどり着いたのが現在の栄養指導です。

従来の医学や栄養学では解決できず、メスを入れることができるなかった領域にも対応できるのがNutrtion Laboの栄養療法です。

開業から2年、指導を通じてたくさんの方が栄養で改善していく現実を目の当たりにしました。

同時に、それらを勉強して下さる研究熱心な専門家にも多く触れ合ってきました。

この栄養理論が、少しでも体の不調に悩んでいる皆さんの手助けになればと願って、今日も研究と指導を続けています。

Nutrition Labo
代表管理栄養士 秋山 真敏

Nutrition Laboの栄養指導方針

Nutrition Laboの栄養指導は、分子栄養学の理論を用いて指導いたします。

分子栄養学では「食べたらいけないものを我慢するのではなく、必要なものをしっかり食べる」ということを重視します。

体に足りない栄養を問診とカウンセリングで推定し、栄養補給方法やマインドを整える指導を行います。

食事制限が少ない方法ですので、カロリー制限や野菜中心の食生活などの食事法が体に合わなかった人にとても相性が良い理論です。

お問い合わせ

問い合わせはLINEで御対応いたします。
下記を参考の上「友だちを追加」後、 お問い合わせください

LINEが使用できない方

natural.shin131088@gmail.comにお問い合わせください。

代表管理栄養士のプロフィール

管理栄養士免許

【経歴】
・徳島文理大学院卒
・徳島文理大学 健康科学研究所
・徳島大学 栄養部
・神鋼記念病院 栄養室

【実績】
・病気の方への栄養指導5000人以上

【指導経験のある疾患】
高血圧
糖尿病
脂質異常症(コレステロール・中性脂肪)
貧血
リウマチなど自己免疫疾患
甲状腺の病気
がん
発達障害
動脈硬化
心臓病
脂肪肝、肝硬変
認知症
神経疾患
婦人科疾患
脳卒中
うつ病等の精神疾患
摂食障害
起立性障害

【論文】
・尿中成長ホルモンを指標とした運動評価法の検討
https://ci.nii.ac.jp/naid/110009573837

【学術集会発表】
・尿中成長ホルモンを指標とした運動評価の検討(第57回日本栄養改善学会学術大会)
・カテキンによる尿中成長ホルモン動態への影響(第32回日本肥満学会)
・尿中成長ホルモンを指標とした運動評価の検討(第58回日本栄養改善学会学術大会)
・尿中成長ホルモンを指標とした運動評価の検討(第64回日本栄養食糧学会大会)
・心不全再入院患者はどんな食品から塩分を取りすぎているのか(第22回日本心不全学会学術集会)

【学術集会発表共同演者】
・肥満者及び糖尿病予備軍に対する栄養・運動指導:血中アディポサイトカインの変動
・尿中高分子アディポネクチンの糖尿病患者における早期腎変異指標としての検討
・糖尿病および骨粗鬆症関連指標に及ぼす難消化性デキ. ストリン負荷の影響について
・肥満者及び糖尿病予備群に対する栄養・運動指導 : 血中アディポカインの変動
・肥満者及び糖尿病予備群に対する栄養・運動指導:血中CRP濃度の変動について
・Acute pulmonary edema developing worsening renal function is associated with an unfavorable outcome
・急性心不全患者の入院時所見として有用な急性期フレイル予測因子
・栄養管理に苦慮した消化吸収障害を伴う食道癌の1症例
・神経性無食欲症患者に対するリフィーディング症候群予防への取り組み
・神経性食欲不振症患者の体重増加とエネルギー必要量との関係

【講演】
・低栄養のスクリーニング
・入院患者の栄養スクリーニング-低栄養患者への早期介入に向けて-
・入院患者の褥瘡発生予防
・心不全再入院患者はどんな食品から塩分を取りすぎているのか

【メディア出演】
・J:COM「札幌人図鑑 TV」
https://www.youtube.com/watch?v=Y3i59hqUhUY

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
MENU